チョコレートのう腫と診断されました


チョコレートのう腫と診断されました

私は今年に入ってから生理痛がひどく、検査の結果チョコレートのう腫と診断を受け、毎月大きくなっていて、腹腔鏡の手術を受けてきました。

 

お医者さんからは3ヶ月のホルモン療法をするといわれました。

 

卵巣を休ませてあげるとからしいです。

 

でもホルモン療法で不妊になることがあるそうで、絶対に必要なのか悩んでいます。

 

また、ピルにするか注射にするかも聞かれています。

 

副作用が低く効果が高い方を選びたいのですが、難しい・・・

 

手術ででホルモン治療を受けて、海外なので心配で・・・

 

ホルモン剤はDimetriose 錠剤かニュープリンデポット注射のどちらかです。

 

お薬を調べたら前者はダナゾールに該当して、男性ホルモン剤だそうです。

 

ニュープリン注射はリュープリンか?と予想してます。

 

副作用が低く効果が高いという治療がなかなか無くて、副作用のない薬はこの世の中には無いとのことです。

 

この2つの薬剤はどちらも副作用があったという声をよく耳にします。

 

3ヶ月と期間も短期であることで、術後であることを考えたら、効果はどちらも変わらないと思います。

 

トータル的にDimetriose錠剤の方が良いかなと思いました。

 

でも3ヶ月と通常使用よりも短期だし、どうなんだろう?という感じ。

 

Dimetriose錠剤(日本ではボンゾールという商品名)、ステロイド剤になるので、血栓症が最も危険な副作用になります。

 

また、肝機能異常が起こりやすく、男性ホルモンに似た作用があるので、タンパク同化作用として体重が増えやすく、にきびも出やすいそうです。

 

まれに、声が低音になって戻らないことがあるそうで、気づいたら早めに受診することを勧められました。

 

リュープリンは女性ホルモンをかなり強力に閉経状態に持っていくので、卵巣機能を下げていくため更年期のような状態にします。

 

副作用が出やすい方は早期に頭痛や肩こり、ほてりのほうなものを感じます。

 

長く使うと(元々6ヶ月までしか使えませんが)、抑うつがあります。

 

これも異常があればもちろん受診です。

 

血液検査の異常では肝機能障害や糖尿病の発症や憎悪もあります。

 

いずれにしても短期なので心配ないと思うけど・・・

Services List