生理がある歓び


生理がある歓び

独身主義の若い頃は、「子宮を取れば生理もなくて快適じゃーん!」なんてって思ってました。

 

生理なんて面倒でいらないものって考えていました。

 

生理痛はひどいし、毎月ナプキンやタンポンなど気を使って、下着が汚れる心配をして、何で女って生理なんかあるんだって思ってました。

 

でも、歳を追うごとに子供が欲しくなっていったので、生理というものがちょっとした歓びでもありました。

 

そんな私は、40代後半の先日、子宮の全摘手術を受けました。

 

私には子供がいません。

 

「子供がいればな〜」なんて、病院の新生児室を、つい眺めてしまいます。

 

ないものねだりじゃないけど、最近私の人生ってパワフルだったけど、何だったんだろう?って考える事があります。

 

独身でバリバリ生きてきた周りの知人や友人でも、子供がいない女性なら、愚痴をこぼす時があります。

 

年齢的な焦りですかね〜。

 

全員じゃなくても、病院の先生にも、それに近い事を言われたんだと思います。

 

「子供は焦ってもできない」みたいな。

 

実は私、再診の時に、「新生児室の一人赤ちゃんを連れて帰りたい」って先生に言ってしまって怒られちゃいました。

 

確かに、時間が経つと、欲求も変わるかも知れない。

 

もっと真剣に子づくりに向き合っていれば良かった。

 

もっと旦那とのエッチの時間を大切にしておけば良かった。

 

後悔ばかりです。

 

でも、くよくよして生きていても私らしくない!

 

前を向いて、またパワフルに頑張って生きていこう!

 

って強がって生きています。

Services List